代表挨拶

株式会社レイスヘルスケア 代表取締役 稲田 晋之介

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
2019年7月1日に代表取締役に就任いたしました稲田晋之介でございます。

弊社は、日本の超高齢化に伴い、在宅医療・介護を余儀なくされる高齢者のために訪問医療マッサージの安定的普及を目指すべく2003年に神戸で創業いたしました。
生活環境の改善サービスを創造することを理念に、お客様に安心してサービスを受けて頂ける環境とオーナーやスタッフが事業を通じて社会貢献できる環境づくりに日々取り組んでおります。

社会保障費問題においては民間と行政が一体となって、医療・介護サービスのご利用者様を中心においた情報共有とサービスを安全に供給する「仕組み」が必要と考えます。
その実現のために私たちはフランチャイズシステムを活かし、弊社のビジョンに共感してくださる加盟店様と力を合わせて日々、その仕組みのブラッシュアップにチャレンジしています。

その中における私の役割は、フランチャイズ本部として経営資源の最適配分や情報ツールの積極活用、そして様々な分野とのシナジーを追求することで強力なリーダーシップを発揮し、加盟店の皆様がご利用者様目線の事業運営を最大限に発揮できる環境を創り出すことと認識しています。
弊社は2019年7月1日をもって株式会社LEISから株式会社レイスヘルスケアへと社名を変更し、これまで以上に私たちに関わりいただく全ての皆様が健康に・安心に・幸せに暮らしていただける仕組み作りに貢献してまいります。

今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。