お世話になった地域の人々に恩返しを。
4年で3店!社会を変えていける喜び実感。

レイス治療院 花巻・北上・盛岡 3店運営(岩手県) 田口 倫行 オーナー


写真

育ててもらった地域の人々に恩返ししたい。
LEISビジネスの根幹にある社会正義に共感。

40歳まで20年近く運送会社にいて、地域の社長さんと話す機会も多く、 その影響もあって独立意識は20代からあったんです。 それでいよいよ独立をと考えた時に、 こうした社長さん方はじめ自分を育ててくれた地域の人々に 恩返しできる仕事がしたいなと。 ご年配の方々が配送中の私に「りんご食べてけー」なんて、 ほんと温かく面倒を見てくれましたから。 そこで選んだのがレイス治療院。 世の中には、一方で医療マッサージを必要としている高齢者さんがいて、 一方で資格を持っていても中々活かせない目の不自由なマッサージ師さんがいる。 そこを繋げることで人の助けができる “社会正義のある事業”であることに、やりがいを感じたんです。

写真

おひとりの喜びが、新たな利用者様を呼び…
気づいたら4年で3店に。

ただ親は反対しましたよ。 ビジネスが革新的なだけに、だれも聞いたことがないわけですから。 その反対を押し切って開業しましたが、 最初は利用者様の紹介を依頼する介護支援専門員さんなどにも なかなか話を聞いてもらえなかった。 それでも良いサービスを理解してもらおうと粘り強くアプローチするうち、 1人2人と話を聞いてくれる人が出てきて、 徐々にクチコミで利用者様が増えていったんです。 一度利用して喜んで頂けたら、必ずまたご利用頂けますからね。 1人の方の喜びを大切に取り組んだら、その喜びが周りにどんどん広がっていった感じ。 最初、5年は難しいと覚悟していましたが、気がついたら4年で3店になっていました。

手助けをしたい気持ちが空回り… 相手の想いを受けとめる事の大切さを痛感。

初めての利用者様の時、「何かしてあげたい」という気持ちが強く出過ぎて、利用者様が逆にひいてしまったんで す。それでおおいに反省。気持ちを押しつけるのでなく、相手の気持ちを受けとめることの大切さを学びました。以来、自然体ですべてを受け入れ、利用者様の声に誠実にお応えできるよう努めています。
写真

利用者様と人として向き合える仕事。
社会を変革できる可能性にもやりがい。

喜んで頂きたいと誠心誠意接するうちに、 頑固だった人が心を開いてくれるようになったり、 仕事でありながら、利用者様と“人として向き合える”ことが、この事業の魅力。 マッサージ師さんも利用者様の喜びを受け成長してくれているのが嬉しいですね。 地域への恩返しは…うーん、まだまだかな。 今でも「もっとこうすれば」と改善していきたい点が多いので。 先日も、脳梗塞を患った方に機能訓練が必要なことから、 理学療法士の方とうちのマッサージ師さんとが連携した地域初の取り組みも。 今はこうして社会を変革していける喜びを、この事業で実感しています。

社会変革を考えられるのは、気持ちの余裕を 持てるから。心から情熱が湧くビジネス。

定休日を設けているので、お休みは毎週取れるんですよ。ただ自分が好 きでやっている事業だから専心しています。皆さんに喜ばれ、社会をより 良くしていけることが楽しいんです。そのための時間を作れる余裕があ る、とも言えますね。将来は法人化も視野に、いま事業意欲に燃える毎日 です。

写真
 
加盟案内パンフレット

無料ダウンロードする